Memories

Memories

この川との出会いは、かれこれ32年前に成りますか?
川沿いの石を並べ、釣った鱒を炭焼きで頂き、テントで過ごした夜が懐かしいです。

川の流れは季節で変わりますが、大まかに言うと、水の色・量・温度が日々微妙に違います。
川から、色々と学び、遊び、長い年月をこの川と共に暮らして来ました。

実はこの写真の二日後に、ハリケーンの影響で強風と記録的な大雨が降り、この静かで奇麗な清流が濁流に変わりました。
雨で地盤が緩み、まだ完全に葉を落としていない木を折り、また根こそぎ倒し、
大木、岩、様々なものを恐ろしい音を立てて、強烈な力で押し流していきました。

自然現象の前には、人間の出来る事の小ささをつくづく感じさせれます。
今日まで、私自身の人生も色々在りました。

話をテントで暮らした週末の8年間に戻しますが、
川の上空は空いているので、日が落ちても明るく夜遅くまでキャンプファイヤーを楽しみましたが、
いざテントを張った場所まで戻るのに、一歩森の中に入ると、暗闇で目先が何も見えない、
また、どんな動物と出くわすか分からない不安がいっぱいだった事を思い出します。
不安と言えば、いつ何処で何が起こるか分からない「今の世の中」。
しかし、普段のこの川は、きれいな清流で穏やかに流れ、川辺には「芹」が群生しています。

五感を使って自然の四季を楽める事は、本当に幸せです。自然と健康に感謝です。
なぜか今、無性にキャンプ生活が恋しい・・・

Tuesday 31.10.2017