Show Windows

Show Windows

大きな雪の結晶が5番街と57丁目の空間に飾られる頃が、
マンハッタンが一番美しく輝く季節です。

多くの悩みを抱えるこの国ですが、
この交差点に面したショーウィンドウが、それぞれに美しく光り輝くシーズン。
私が40年近く前に初めて感じた、この街のホリデーシーズンの豊かな温もりは、
色や形は移り変わっても、今も時代を超えて暖かさを感じさせてくれるのです。
世界各国いや米国内各地からも、多くの人々がこの季節にNYを訪れるのも、
きっとみな同じ思いを求めているからなのでしょう。

3万個もの電球で飾られたロックフェラー・センターの”もみの木”も、そのシンボルの一つですが、
特に近年頻発する災害や人災で大切な自然が壊されている状況の なか、
ホリデーシーズンだけのためにあちこちで沢山のもみの木が伐採され、
自然が犠牲になるのは、なんだか寂しいですね。
僕は、もみの木を鉢植えにして、ホリデーが終わると自然に戻してあげるのが良いと思うのです。

楽しいホリデーと良い新年をお迎えください。

Friday 21.12.2012