Holiday

Holiday

11月下旬のサンクスギビングから始まりクリスマス、ニューイヤーと、
それぞれ趣向の変わったパーティーがオフィスで催され、
また、プライベートでもホリデーの集いが多く持たれる季節です。

マンハッタン中が一年で一番華やかに、内装、外装、それにパークも美しく飾られ、
街角からはホリデーミュージックが聞こえてきます。
ビルやタウンハウスの窓際には、
グラスを片手にドレスアップした人々の踊る姿が見られるのもこのシーズンです。

ホリデーミュージックはもちろん、それと同様に街の風景が、
ホリデーの雰囲気作りに大きく影響を与えているという事が、今年程よく判った年はありません。
今年は、秋から冬にかけて例年になく暖かい日が続き、
雪日もなく未だ雪景色とは程遠い雰囲気で、リスがセントラルパークを走り回っています。
マンハッタンから少し外れたベットタウンの家々は、多くの豆電球で飾られていますが、
雪の白さがバックグランドに無いと、電光の映え方が異なり、なんだか寂しい光りを感じます。

ここまで気候が違うと人々の服装や行動にも変化が見えます。
特にスキー場には人影もなく、私自身も毎日の生活に何となく戸惑いを感じています。
長年の習慣とは怖い物で、冬は「冬らしい」のが本当に良いです。いや、そう願います。
自然体を望むって、そういう事なんでしょうね・・・
 
まず何よりも、穏やかな世の中を祈っています。
それでは、楽しいホリデーと素晴らしい新年をお迎えください。

Thursday 24.12.2015